選挙資金の融資

選挙資金の融資

ナニワ金融道のチャプター17発目〜28発目の話です。

 

17発目:ゼニを肴に桃源郷で大騒ぎ
18発目:なぜ市会議員は儲かるのか?
19発目:泥舟にもう一名様ご案内!
20発目:どちらかが必ず落馬する一騎打ち
21発目:2位候補に当選確実!?
22発目:殴られる灰原!!
23発目:軟禁と監禁の差!
24発目:サインひとつで自宅がパー?
25発目:甲守と猫田の大逆襲!

 

選挙資金を帝国金融に借りた市会議員とその手形の裏書きをした市役所職員の話です。

 

選挙資金の融資ナニワ金融道から学ぶ融資術のTOPページに戻る

選挙資金の融資記事一覧

登場人物(17発目〜28発目)

古井藤四郎老舗の呉服屋、古井呉服店を営んでいます。現職の市会議員で、選挙資金を帝国金融から5000万円借入します。日本搾取党の公認候補でしたが、今回の選挙では対立候補の大手一郎に党の公認を奪われて不利な状況になっています。大手一郎関西電鉄の会長の御曹司です。古井の選挙区に落下傘候補として参加しました...

≫続きを読む

選挙資金の融資(ネタバレ)

選挙戦の実弾補充清水好美からリストを買い取った灰原は早速、電話帳で確認しながら融資の営業をかけていました。数件かけたところで大口の融資の話が入ります。それは、古井呉服店を経営する古井藤四郎という人物で5000万円の融資の申し込みでした。その金の使い道は、実は古井は現職の市会議員で選挙資金の為でした。...

≫続きを読む