灰原の帝国金融入社

灰原の帝国金融入社

チャプターの1〜5の内容についての記述です。
1発目:会社が倒産してもた
2発目:払わん方が悪いんじゃ!
3発目:カモが荷物まとめて夜逃げした!
4発目:たとえ逃げてもカモはカモや!
5発目:金さえ払ろたら文句ないわい!

 

主人公の灰原達之が勤めていた会社が倒産して、街金の帝国金融に入社して初仕事をこなすまでのことが記述されています。

 

 

灰原の帝国金融入社ナニワ金融道から学ぶ融資術のTOPページに戻る

灰原の帝国金融入社記事一覧

登場人物(1発目〜5発目)

孫田孫作孫請土木の社長です。帝国金融に手形決済で借金がありました。その後、不渡りを出してしまい帝国金融に追い込みをかけられます。高橋邦昌高高建設の社長です。資金繰りに困り帝国金融で300万円を融資してもらいいます。10回払いでの返済予定です。高橋正子高橋邦昌の娘で区役所に勤めています。 父親が借りた...

≫続きを読む

灰原の帝国金融入社のネタバレ

会社の倒産この物語の主人公、灰原達之は町の小さな印刷工場「スピード印刷」に勤める会社員でした。しかし、そのスピード印刷が手形を買い戻せずに社長が夜逃げをしてしまい倒産してしまいます。そこで、灰原は新しい職業に金融関係を選ぶことにしました。しかし、どこの消費者金融の面接を受けてもまったく空振りばかりで...

≫続きを読む